エッセイ
ことわざって、楽しい勉強法! 時田昌瑞 「満点ゲットシリーズ ちびまる子ちゃんの続ことわざ教室」
 

聖徳太子が憲法十七条で使った「和をもって貴しとなす」や、『源氏物語』にある「玉にきず」ということわざは、1千年以上の昔から現代まで伝えられ、生きつづけているものです。そして、鎌倉時代の『平家物語』などに「栴檀は双葉より芳し」が現れ、室町時代の狂言になると「氏より育ち」など、使われることわざの数が増えます。
 江戸時代になると万を超すようになり、井原西鶴や近松門左衛門などを始め、さまざまな文芸や生活のいたるところで、ことわざが使われました。同時に、絵や彫物、塗り物、織物などにも表現されてことわざが楽しまれた、「ことわざの黄金時代」となりました。

時代が明治になると、国の西欧化の流れにともなって、西洋のことわざが積極的にとり入れられるようになりました。現代でもよく使う「二兎を追う者は一兎をも得ず」「鉄は熱いうちに打て」「おぼれる者はわらをもつかむ」は、どれも明治時代に翻訳されたものです。そして、第二次世界大戦後の日本は、伝統や古くからの文化を軽視し、ことわざもおろそかにする傾向も生じていましたが、1970年代あたりから、ことわざの再評価がみられるようになりました。

五七五の十七音の俳句より短い語句で、人間や社会のありとあらゆる事柄を巧みに言い表すことわざは、最も短い言語の芸術です。「猿も木から落ちる」「鬼に金棒」「鳩が豆鉄砲をくう」「へそで茶をわかす」「はっても黒豆」などなど、多種多様に表現される「ことばの宝庫」でもあります。

そんな「ことばの宝庫」である、ことわざの世界へのとびらを開けて、子どももいっしょにことわざを楽しみましょう、というのが『ちびまる子ちゃんの続ことわざ教室』です。この本を読めば、ことわざが楽しくてためになるものだと、感じてもらえると思いますよ。

 

著者●時田昌瑞
ことわざ学会理事

1945年生まれ。早稲田大学文学部卒。
著書に『岩波ことわざ辞典』『岩波いろはカルタ辞典』(岩波書店)『ことわざで遊ぶ いろはかるた』(世界文化社)『常識として知っておきたいことわざ』(幻冬舎)など。

満点ゲットシリーズ
ちびまる子ちゃんの続ことわざ教室

満点ゲットシリーズ
ちびまる子ちゃんのことわざ教室