むく鳥のゆめ
広い野原のまんなかの大きな栗の木のほらに、とうさん鳥と住んでいる、むく鳥のこどもがいました。
こどもはおとうさん鳥に「おかあさんはいつ帰ってくるの?」と尋ねます。
おとうさん鳥はこどもの鳥に「おかあさんはとおいところに行っているんだよ」、そう言っていたからです。

けれども幾日待ってもおかあさん鳥は帰ってきません。
野原がすすきの穂に覆われても、やがて一面の雪に覆われても、おかあさん鳥は帰ってきませんでした。

ほらの入口に一枚残った栗の葉。
こどもの鳥には、かさこそ鳴るその枯れ葉がおかあさんのように思えました。
北風に吹かれたその葉を、馬の尾の毛でしっかりと枝につけてやり、雪を払ってようやくこどもの鳥は安心するのでした。

―― 抑えた哀しみが静かに伝わってくる優しい作品です。
むく鳥の胸の綿毛、すすきの穂、綿雪など、物語全体に流れるふんわりとしたイメージを、画家網中いづるさんの柔らかいタッチで表現。
BOOKNAVIへ

むく鳥のゆめないた赤おに子ざるのかげぼうし光の星りゅうの目のなみだ
トップメニュー

「りゅうの目のなみだ」サウンドトラック

「光の星」応援団 ミナ ペルホネン 訪問

「子ざるのかげぼうし」作画雑記

赤おに対談

作家プロフィール

オリジナルカード
(C) SHUEISHA Inc. All rights reserved.
「集英社 ひろすけ童話絵本」原画展