学習漫画
世界の伝記NEXTシリーズの試し読みができるよ!>> 
特集
世界に愛され 世界を愛した 永遠の妖精
オードリー・ヘプバーン
『ローマの休日』などの名作映画に主演してきたオードリー。父との別れがあった幼少期、きらびやかな女優時代、そしてユニセフ親善大使になる晩年まで。そのドラマチックな一生をたどります!
一代で 世界的な会社を創った 努力の人
松下幸之助
今や世界に名をはせる「パナソニック」(家庭用電気器具メーカー)をきずきあげた松下幸之助は、子供のころからはたらき者。未来を開拓する精神で、ついには「経営の神様」と呼ばれるまでに!
敵を倒し 国を守り 民を愛した英雄
諸葛孔明
1800年たった今でも語り継がれている、中国の歴史大河ロマン『三国志』のスターといえば、この人。戦乱の世に生まれ育ち、乱世をしずめようと、つねにちえをめぐらせていた英雄の一生とは!?
幕末をかけぬけた維新のヒーロー
新・坂本龍馬
歴史上の人物の中で人気抜群の坂本龍馬。ヒーローは生まれながらにしてヒーローだったわけではありません。土佐の郷士に生まれ、異国の脅威にさらされた激動の時代を生き、明治維新のもとを築いた竜馬の成長のようすがわかります。
外国人もおどろいた正確な地図をつくった男
伊能忠敬
世界にも少ない正確な地図を江戸末期につくった人。しかも50歳をすぎてから、子どものころの夢だった天文学を勉強して、日本全国を歩測する旅に出ます。歩いた距離は、なんと地球一周にひとしい4万キロ。夢はいつまでも大切に!
華やかな映画スターから美しいプリンセスへ!
グレース・ケリー
映画女優として頂点にあったとき、グレース・ケリーはモナコ公国の大公と結婚しました。子どものころ、病弱で、さえない女の子だったグレースがどうしてプリンセスになれたのでしょう? 彼女を成功へ導いた「強い心」とは?
銀河鉄道で星空を旅したファンタジー作家
宮沢賢治
宮沢賢治はずっと貧しい農民を救いたいと思っていました。賢治は得意な物語をつくることで、農民の暮らしを明るくしようとしました。かれの物語は、自然を愛し、宇宙をまたにかける壮大なファンタジーとして実をむすびました。
ヘレン・ケラーと歩んだ教育者
サリバン先生
三重苦の少女ヘレン・ケラーの人生に、教育で光をとりもどしたのがサリバン先生。じつは彼女自身も貧しい家に生まれ、幼いころに目が見えなくなるという困難のなかにいました。彼女はどうして「奇跡の人」と呼ばれるまでに成長できたのでしょう?
力強い言葉で人種差別と戦った男
キング牧師
リンカーンの奴隷解放宣言後も、アメリカの人種差別はいっこうになくなりませんでした。キング牧師は暴力によらず、人の心をゆさぶる演説で、差別に立ち向かおうと決心します。戦いの道はけわしいけれど、ついに彼の言葉が全米を動かします。
バレエのすばらしさを世界中に伝えた「白鳥」
アンナ・パブロワ
19世紀、ロシアの首都サンクトペテルブルクではバレエの最盛期を迎えていました。しかし革命と戦争がそれを破壊します。天才バレリーナ、アンナ・パブロワは新天地へバレエを伝える旅に出ました。日本にもバレエを根づかせた女性の感動の生涯。
世界で最初の女性医師
エリザベス・ブラックウェル
1849年、世界ではじめて女性の医師がアメリカで誕生します。彼女の名はエリザベス・ブラックウェル。彼女は困難を乗りこえて医師となり、医学校をつくりました。彼女は医師をめざす女性の希望の光となったのです。
ツタンカーメン王墓を発見した男
ハワード・カーター
古代エジプトのほとんどの王墓が盗掘されているなか、未発見の墓があると信じて発掘をくりかえす男がいました。信念の人、ハワード・カーターは、1922年、ついに世紀の大発見をなしとげたのです。
インスタントラーメンを発明した実業家
安藤百福
全世界で毎年950億食以上が食べられているインスタントラーメン。それを発明した人物が安藤百福です。朝から晩まで努力と工夫を重ね、つねに前進する姿勢と柔軟な発想を持ち続けた偉大な実業家です。
女性の自立と自由を高らかにうたった情熱の歌人
与謝野晶子
女性の地位が低かった時代、つつみかくさない恋の情熱をうたった与謝野晶子の短歌は、世の中に衝撃を与えました。晶子はことばを武器にして、古い考えと戦います。
愛と歌声で世界を感動させた家族合唱団
マリア・フォン・トラップ
人気の映画『サウンド・オブ・ミュージック』は実在の家族合唱団をモデルにしたものでした。その一家を支えつづけたのがマリア。一家は破産したり、ナチスドイツに追われ難民となったりと困難にあいますが、マリアは音楽で家族の未来を切り開いていきました。

はじめて大西洋横断飛行に成功した女性パイロット
アメリア・イヤハート
子どものころから「自分のやりたいこと」を探しつづけたアメリアは、23歳で飛行機と出会い、その魅力にとりつかれ、1932年には単独での大西洋横断に成功したのです。現在でも絶大な人気をほこる女性飛行家、アメリア・イヤハートの39年の生涯を紹介。
花と自給自足の生活を愛した絵本作家
ターシャ・テューダー
アメリカの裕福な家庭に生まれたターシャはパーティーや人づきあいがきらい。好きなものは動物や花や、自然のなかの暮らしでした。やがて絵本作家になって動物たちの活躍する物語をかき、いなかの家に大きな庭をつくります。ぜいたくをせず、自然といっしょになって暮らすことがターシャのいちばんの幸せなのでした。

最前線から戦争の悲惨さを伝えたカメラマン
ロバート・キャパ
ロバート・キャパの生きた20世紀は、写真が発達した時代でした。しかしまた、世界を巻きこんでの大きな戦争があった時代でもあります。そんななか、キャパははじめて戦場カメラマンという職業をつくります。最前線まで行き、兵士と同じ目線で悲惨な戦争を記録するのです。かれの勇気が戦争の本当の姿を人々にしらせました。

幕末、明治の二つの時代をかけぬけたハンサム・ウーマン
新島八重
会津の砲術指南役の娘に生まれた八重は、戊辰戦争のとき、城に迫り来る新政府軍に鉄砲を持って戦いをいどみ、男にまさる活躍をしました。維新後は京都で教育者・牧師の新島襄と出会い、彼の学校設立の夢を助けます。つねに弱いものの味方をした女性です。

阪急と宝塚歌劇団を創ったビジネスの天才
小林一三
小林一三は、いまでは当たり前となった駅ビルや鉄道沿線の開発を100年以上も前に考えたビジネスの発明家です。また、宝塚歌劇団や映画会社を設立するなど、文化事業にも情熱をそそぎました。
人権のために国連で活躍した大統領夫人
エレノア・ルーズベルト
世界人権宣言を国際連合で採択することに力をつくした女性がエレノア・ルーズベルトです。夫であるフランクリンがアメリカの第32代大統領となると、ファーストレディとしてアメリカじゅうを回り、不況や人種差別、戦争などさまざまな問題に立ち向かいました。
コンピュータで世界を変えた情熱の実業家
スティーブ・ジョブズ
スティーブ・ジョブズはiPod、iPadなど独創的な製品を生み出したコンピュータ業界の天才です。かつて限られた人びとのものだったコンピュータを、かれは生活の中にある身近なものへと変化させました。
世界でもっとも愛された悲劇のプリンセス
ダイアナ
ダイアナとイギリスの皇太子チャールズの結婚生活は、けっして幸せなものではありませんでした。彼女は悩みながらも、王子たちの誕生をきっかけに生きる道を慈善活動に見出します。もっとも愛されたプリンセスの生涯。
平和を願い続けた悲劇の少女
アンネ・フランク
世界記憶遺産にも指定された「アンネの日記」。その著者であるアンネ・フランクはその短い生涯をどのように生きたのでしょうか。第二次大戦中、迫害から逃れるために始まったかくれ家の生活。その苦しい環境の中で日記を書いていきます。ごく普通の女の子が、ごく普通の生活から悲劇にむかわなくてはならなかった生涯。平和を考える一冊としてのアンネ・フランクの伝記です。
新しい道を切り開いた看護の母
ナイチンゲール
まだ女性が仕事をするということが少なかった時代、「人の役にたちたい」と考えた女の子が常識を打ち破り、仕事人として生きることを選びます。昨今は「天使」としての一面に「統計学者」としても注目をあびるナイチンゲール。データを使ってあらたな看護の道を開いた女性の新しい一面をつたえるとともに、現代看護の基礎も知ることができる伝記です。
障がいを乗りこえた奇跡の人
ヘレン・ケラー
小さい頃の重い病気のせいで「見えない」「聞こえない」「話せない」という三つの苦しみを背負うことになった、ヘレン・ケラー。わがままいっぱいに育った女の子は、サリバン先生と出会うことによって、その苦しみの毎日が大きく変わります。
なやみ苦しむ人のために働きつづけた女性
マザー・テレサ
インドへ行って貧しい人のために働きたい。アグネス(マザー・テレサ)は、コルカタへ派遣されると、安全で豊かな生活から飛び出し、スラム街で働き始めます。そのアイデアと行動力とユーモアで次々と困っている人々を救済する道を開いていきます。
電気の時代を切り開いた発明王
エジソン
19〜20世紀のはじめにかけてアメリカで活躍したエジソン。子どものころ「なぜ?」「どうして?」とすぐ人に尋ねるため、学校を3か月で退学になります。しかし、逆にその疑問を自分で解決することで好きな科学を学び取っていきます。生涯に1000近くの特許をとり、「天才とは1%の才能と99%の努力である」といった努力の人、白熱灯を発明し、わたしたちに電気のある生活をくれたエジソンの物語です。

愛に生きた世界初の女性ピアニスト
クララ・シューマン
女のひとが自分の力で生きていくことが難しかった時代に生まれたクララ。音楽家の父ビークの教育のもと「ピアノが好き」という気持ちを大切に、プロの女性ピア二ストとしてとして人気をよんでいきます。才能に男女の差がないことを教えてくれるクララの努力。やがて愛するロベルトと結婚。繊細な音楽家の夫を支え、子供をもうけ、さらに活躍の道をひろげていきます。

神に愛された天才音楽家
モーツアルト
はじめての作曲は5歳。天才音楽家はどうやって天才になったのでしょう? 生涯に600曲以上の曲を作ったといわれるモーツァルト。その才能を見出した宮廷音楽家の父とともにヨーロッパ各地を旅し、さまざまな人と出会い、音楽を吸収していきます。故郷にかえるころには天才音楽家となっていました。今に残る名曲をいくつも作り出した天才音楽家の一生をたどります。

ノーベル賞を2回受賞した女性科学者
マリー・キュリー
小さいころから、勉強が好きで本ばかり読んでいたマリー。科学の不思議さに引きこまれ、パリのソルボンヌ大学に入学、科学者のピエールと結婚します。やがてマリーは新しい元素ラジウムを発見。女性初のノーベル賞に輝き、二回目のノーベル賞も受賞。科学の新しい道を切り開いただけではなく、女性の新しい生き方も切り開いていった元祖理系女子の生涯を描いています。

革命の犠牲になったお姫さま
マリー・アントワネット
オーストリアのハプスブルグ家に生まれたマリーは14歳のとき、フランスの王子さまと結婚。王室からも国民からも大歓迎をうけました。でも、不景気に苦しむフランスで、マリーの人生はしだいに破滅にむかっていくのです。みんなに愛されながら、革命の犠牲になったマリー・アントワネット。38歳の若さで死んでいったお姫さまの生涯と、時代を変えたフランス革命がよくわかります。

祖国のために戦った強くて優しい女王
クレオパトラ
ピラミッドで有名な古代エジプト。クレオパトラが生まれたころは、軍事大国ローマにねらわれ、ひとつの国として生き残るのもあぶない時代。父王から祖国のことをたくされた18歳のクレオパトラは、思い切った行動力と知恵で自分の国を守ろうとがんばります。そしてその先に待っていたのは、大国ローマとの大決戦。今から2000年以上前、祖国を守ろるためにたたかった、強くて優しい女王の生涯です。